ファイントラック オールウォッシュをレビュー

登山やトレランは汚れてなんぼ、というところがありますがやはり常に綺麗な状態でいたいですよね。

特に私の場合は「靴」!

トレラン始めてから何足もトレランシューズを揃えたのですが、トレランシューズって機能的なだけでなくデザイン面も非常に優秀で「カッコイイ」んです。

カラーも蛍光色の派手な色が多く、それがまたカッコイイんですが山の中で走り回るとどうしても汚れてしまいます。

特に路面の状態が悪く、ぬかるみや泥などに足を取られるとどんなに綺麗で発色の良い靴でもあっという間に泥だらけに…

そしてやっかいなことにこびりついた汚れはちょっとやそっとのことでは綺麗にならないのです。

それには仕方がないと思いつつ、なんとかならないかと打開策も考えておりました。

そしてある日、とある山雑誌の広告で見つけたのが「オールウォッシュ」

なんでもアウトドア用品専門の洗剤のようで、実際にその広告で靴をオールウォッシュを洗ってみるとくすみも汚れも綺麗に落ちているではありませんか!

これぞ私が求めていたものだ!と即購入したというわけです。

アマゾンで購入したものが届いたので早速汚れまくったトレランシューズを洗ってみました。

その前にまずはオールウォッシュの詳細を。

オールウォッシュについて

高機能なアウトドアウエアを、長く快適に着続けるために。機能にこだわるfinetrackが、独自処方で開発した洗濯洗剤です。「撥水」「吸汗」といったアウトドアウエアの機能を損なわず、汚れ落としに特化。柔軟剤、漂白剤、香料などの余分な成分をすべて取り除き、成分のひとつひとつを厳選しました。
ドライレイヤーから防水透湿素材のアウターシェルまで、すべてのfinetrackウエアに安心してお使いください!

■アウトドアウエアの機能を阻害しない
■泥汚れ・皮脂・ニオイをしっかり落とす
■1本でたくさん洗える(洗濯水量30Lの場合、14回の洗濯が可能)
■ドライレイヤーも防水透湿素材も洗える
■柔軟剤・漂白剤不使用
■ドラム式洗濯機対応
※本品は、撥水性、吸汗性を繊維に加工するものではありません。
液性:弱アルカリ性
用途:綿・麻・合成繊維用
finetrackの全てのウエア(メリノスピン、シルクスピン、ラミースピン含む)にお使いいただけます。
成分:界面活性剤(36% ポリオキシアルキレンアルキルエーテル、純石けん分)、水軟化剤、安定化剤、アルカリ剤、酵素

(※AMAZON公式の商品紹介から抜粋)

まとめるとこれで洗うととても綺麗になる上、アウトドア用品の機能も落ちない、といった感じですね。

レインウエアは洗えば洗うほど防水機能が落ちると聞いたことがあるので、特にレインウエアには使えそうです(もちろん、ゴアテックスでも使用可能です)

では、使用感を紹介していきます。

洗浄前のトレランシューズ

ちょうどコンデイションの悪い山道を走りまくった後のトレランシューズです。

ご覧の通り、汚れまくっています。

本来は綺麗なイエローなのですが、台無しになってしまっております。

トレランシューズ

ぬるま湯で洗った後

これをまずぬるま湯だけでゴシゴシとブラシで洗ってみます。

それなりに綺麗になりましたが細かい部分(特にメッシュ)には汚れが残ってしまいます。

どう頑張ってもこれが限界でした。

トレランシューズ

オールウォッシュで洗った後

おわかりいただけたでしょうか?

細かいところまで綺麗に汚れが落ちました!

ちなみにさすがに靴は洗濯機に入れて洗うわけにはいかないので、たらいに水を張りその中にオールウォッシュを適量投入。

そのあとゴシゴシともみ洗いしました。

すると汚れが落ちる落ちる、その洗浄力に偽りはないようです。

トレランシューズ

落ちにくいメッシュ部分も完全ではありませんが、綺麗になりました。

トレランシューズ

ここでもう一度、洗浄前とぬるま湯で洗浄、オールウォッシュで洗浄と比較してみます。

洗浄前

トレランシューズ

ぬるま湯洗浄

トレランシューズ

オールウォッシュで洗浄

トレランシューズ

細かいところなど

トレランシューズ

すごく綺麗になったことが確認できたと思います。

まとめ

トレランシューズ以外にも普段きているウエアなどでもオールウォッシュを試してみました。

ウエアについては普通の洗剤でも汚れは落ちていたのですが、ウエアによっては発酵したようなすえた臭いがどうしても出てしまうものもありました。

ですがオールウォッシュで洗ってみるとそのような臭いもだいぶ緩和された印象を受けました。

ちなみにウエア以外にも化繊製品には基本的には使えるようです(ただし革を用いた製品には使用しないで欲しいとのこと)

テントやツエルトに使用する場合は、1000倍に希釈し布巾に含ませて、ふき取りをした後、水ぶきをするのが推薦されております。

一番の目的であったトレランシューズの汚れは予想以上に綺麗に落ちたので満足しております。

完璧に落ちるわけではありませんが、これがあれば汚れを気にせず思いっきり山を楽しむこともできそうです。

ただ汚れを落とすだけでなく、機能面を阻害しない点も良いですね。

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。