登山時の日焼けや蜘蛛の巣対策にフェイスカバーをレビュー

フェイスカバー

登山はとても気持ちのいいものですが、続けていれば不快要素も結構あることに気づきます。

例えば「汗」です。

登山は大量に発汗するので汗の問題はつきものです。

私は汗っかきなので、暑くなってくると靴下が滴り落ちてきた汗でびちゃびちゃになってしまいます。

それぐらいの汗っかきなので「日焼け止め」を塗ってもすぐに落ちてしまうのですよね。

汗に強いタイプのものでも1時間ぐらいで塗り直さなければ効果が落ちてしまうものも多いのですが、日焼け止めを塗り直すのってかなり面倒ですよね?

ですが登山では日焼けは必須です。

樹林帯だけを歩くのであれば日差しもそんなに気にならないと思いますが、森林限界を超えるような高山では直射日光をもろに浴びてしまいます。

そして標高が1,000m程度でも既に地上の10%も紫外線が強くなるのです。

山は特に紫外線が強い、ということですね。

そして紫外線が強ければ日焼けも火傷のようにひどいものとなり、肌もボロボロになってしまいます。

更に紫外線は老化の原因にもなります。

日焼けは紫外線が当たった肌が赤くなったり、黒ずんだりする現象ですがこのようになるのはコラーゲンなどにAGEができるためです。

AGEは焦げた褐色の色を持っており、シミや黄ぐずみを作り出します。

更に紫外線は活性酸素を生じさせ、シワやたるみの原因にもなります。

紫外線は体にいれないことが大切なので登山時は帽子やサングラスは必須アイテムです。

ですがこれだけでは山の強い紫外線は防げないのが問題です。

そこで私は日焼け止めクリームの代わりに紫外線対策として新たなアイテムを導入しました。

それがこちら。

息苦しくないフィエスカバーというアイテムです。

これならば装着すればいいだけなのでいちいち日焼け止めを塗り直さなくてもいい!!と思い購入したわけです。

そして実際に使用してみたところ、日焼け対策はもちろん、思わぬ嬉しい効果もあったことがわかりました(それは後述していきます)

外観

まずはフェイスカバーを広げた状態の写真です。

色はブルーとグレーとブラックがありますが、一番汚れが目立たなそうなブラックにしました。

見た感じ、これを装着して山登りをするのは途中で息苦しくなりそうですが・・・

フェイスカバー

このように上部には呼吸しやすいように空気穴が空いているので問題なしです。

激しいスポーツにも対応できるような作りとなっているので山登り以外のスポーツにも使えると思います。

実際ランニング時にも使ってみましたがずれたりすることはありませんでした。

また、息苦しくなったりすることもなく、正常に呼吸できました。

フィエスカバー

そして口の部分も空いているのでフェイスカバーを外さない状態のままでも行動食を食べたり、水を飲んだりすることができます。

ただ、このフェイスカバーをつけたまま飲み食いしている姿ははたから見たら結構異様だと思うので誰もいない時に飲み食いすることをお勧めします^^;

フェイスカバー

着脱は普通の市販のマスクと同じようなゴムのひっかけです。

簡単に着脱できるのですが、正直安っぽい素材なので洗濯したりしてへたったりしないかが心配です・・・

まああまり長くはもたないでしょうね。

フェイスカバー

また、首回りはマジックテープで固定できます。

首元も日焼けを防ぐことができます。

フェイスカバー

装着図。

私はこれにサングラスと帽子をかぶっているので山に登っているので怪しさ全開なのは否めません・・・

フェイスカバー

良かったところ

サラサラで汗をかいても快適

汗をかいても、すぐに吸い取って吸収拡散させる素材が使われているため、すぐに乾きます。

そのため、常にサラサラで快適な使い心地です。

素材自体も肌触りがいいのでつけていてストレスがありません。

日焼け止めを塗り直す煩わしさから解放された

そしてなんといってもこれ。

購入した一番の目的でしたが、これは想像以上に良かったですね。

なにせフェイスカバーをつけるだけで全てOKなのですから。

ちなみにUVカット率98%で洗濯してもUVカット効果は落ちないようです。

装着したままでも飲み食いができる

上記でもかいた通り、空気穴が上下にあるのでフェイスカバーを装着した状態で飲み食いができます。

フェイスカバーをいちいち着脱しなくてもいいのは地味に便利です。

蜘蛛の巣対策にも使える

そして予想外の効果だったのは「蜘蛛の巣避け」に使えることです。

登山をしている方ならわかると思いますが、虫の活動が盛んになってくるとそれとほぼ同時にクモの活動も盛んになってきますよね。

蜘蛛は登山道でもおかまいなしに蜘蛛の巣を張ってくれるので、シーズン中はちょっとマイナーなルートを歩けばほぼ必ずと言っていいほど蜘蛛の巣にひっかかります。

ルートによっては蜘蛛の巣だらけということも珍しくなく、蜘蛛の巣が顔にへばりつくのは不快以外の何ものでもありませんでした。

ですがこのフェイスカバーは顔全体を保護してくれるので紫外線だけでなく、蜘蛛の巣からも守ってくれるのです!

おかげでこのフェイスカバーを使用してからは蜘蛛の巣が気にならなくなりました!

これはかなり大きかったですね。

悪かった点

臭いが・・・

汗をかいてもサラサラなのはいいのですが、脱臭効果はないようで汗臭くなります。

それは正直結構気になります・・・

耐久性に問題ありそう

耳かけのゴムだけでなく、全体的に作りがちょっと安っぽいので耐久性はあまりないと思います。

見た目が・・・

このフェイスカバーをつけた状態での見た目もあまり良くないですね。

私は帽子とサングラスもしているのではたから見れば不審者そのものでしょう。

まとめ

見た目や臭いという点に目をつぶれば、素晴らしいアイテムです。

特に紫外線対策だけでなく、蜘蛛の巣にも効果を発揮したのは大きな収穫でした。

紫外線対策をしっかりとしたい方、蜘蛛の巣を気にせず快適な登山を楽しみたい方はぜひどうぞ。

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

関連コンテンツ



フェイスカバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。