全ての登山者に山と食欲と私をお勧めする理由

YAMAPとのコラボなどですでに知っている方は多いと思いますが、どうしても紹介したくなったのでしてしまいます。

それがこちらの漫画です。

「山と食欲と私」

 

山と食欲と私とは?

 

山と食欲と私』(やまとしょくよくとわたし)は、信濃川日出雄による日本の漫画。『くらげバンチ』(新潮社)にて2015年9月から連載中の漫画

wikiより

現時点で40万部を超える大ヒット作です。

ネットで連載しているのでしらない方は是非ここで試しにご覧ください。

内容について

内容はタイトルが全てを端的に表しております。

主人公の女の子、日々野鮎美ちゃんが

山に登る

飯を食う

山に登る

飯を食う(以下ループ)

という内容です。

山に登って飯を食うだけのシンプル極まりない内容ですが、心に響くものがあるのです。

山が好きだということもありますが、最近の漫画の中では一番気に入っているかもしれません。

そしてこれは登山をする方、あるいはこれからしようかなと思える方全てにお勧めできる漫画だと思っております。

では、その理由を説明していきましょう。

一言でいえば

山の楽しさなどポジテイブな面をピックアップしているからです。

山の漫画といえば

なんかが有名ですが岳も孤高の人もどちらかといえば、山の持つ「厳しさ」を描いた漫画だったと思います。
景色にも相当力を入れて書いてますので(特に孤高の人)これを見て「綺麗だな」「登りたいな」と思う方もいると思いますが、
同時に「山って怖いな」「こんなとこいきたくないわ」などと思う方も同じぐらいいると思うんですよね。
確かに山は厳しいですが、以外と山の持つ楽しさを描いた漫画ってなかったと思うんです。
が、厳しさよりも楽しさ、素晴らしさを描いた
がでてきます。
こちらもアニメ化もされた超人気作ですね。
ライトな切り口ながら、しっかりと登山しておりこれに魅了されて山に興味を持つようになった方も多いと聞きます。
そしてヤマノススメよりさらに山の持つ楽しさをピックアップした作品こそが
山と食欲と私なのです。
山での食事をテーマにした作品ですが、登山したことがある方であれば誰でも経験したことがあるでしょう。
山の食事の美味しさを。楽しさを。
登山は山を登らない方からは誤解されやすいスポーツだと思います。
よくあげられますよね?
登山のイメージとして
「きつい」「汚い」「危険」といった3Kが。
確かにそれは否定できない事実であり、登山のもつマイナスの側面でしょう。
ですがそれだけではありませんよね?
登山のメリットももちろんあります。
そしてそのメリットである
「楽しい」「美味しい」「美しい」
をこの漫画はしっかりと読者に伝えてくれているのです。
画像で見てみましょう。

出典:http://www.kurage-bunch.com/manga/yamashoku/01/

出典:http://www.kurage-bunch.com/manga/yamashoku/01/

これは主に「楽しさ」をピックアップしたシーンですね。

登山は苦しいだけじゃねえ!気持ちいんだよ!

という作者の主張が伝わってくるようで私はここが大好きです。

実際この通りなんですよね、苦しいんだけど気持ちいいっていう。

 

出典:http://www.kurage-bunch.com/manga/yamashoku/03/

そしてこの漫画は山漫画なので景色も相当こだわって描いてます。
山の壮大さ、美しさが漫画でも十分に伝わってきます。

出典:http://www.kurage-bunch.com/manga/yamashoku/05/

出典:http://www.kurage-bunch.com/manga/yamashoku/02/

そしてこの漫画の核である

食事シーン。

どれも実に美味しそうに、幸せそうに描いてあります。

下界での食事も人生の数少ない楽しみの一つですが、山の上での食事は更に楽しみになります。

空気や景色という最高のスパイスが加わることで何てことのない食事も実にうまく感じるからです。

そしていつも以上に幸せな気分になるのですよね。

この漫画の食事はどれも比較的お手軽に作れてしまうものばかりなので

自分も真似して食べたくなる

というところもポイントです。

実際に実写版として漫画と同じ料理を再現している方は何人もいるようです。

私は普段は山ではコンビニで買ったおにぎりやパンですましているのですが、この漫画を読んでからは自分で作って食べたくなりました。

それだけの影響力がこの漫画にはあるのです。

現在掲載中でこの先、少し雰囲気が変わることもあるかもしれません。

ですがおそらく、登場人物が滑落して死んだりだとかK2に無酸素登頂を試みるとかシリアスでハードな展開にはならないと思います。

終始ゆるい雰囲気で山のもつ楽しさを私たちに伝えてくれるでしょう。

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。
山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。
気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。