鷹取山 クライミングの名所にお手軽登山!

鷹取山

神奈川県、横須賀市にある鷹取山に登ってきたのでレポします。

鷹取山について

鷹取山はかつて「湘南妙義」ともよばれた岩山です。

山頂には垂直に切り立った絶壁があり、今も昔もクライマーのトレーニングとして使われております。

最近ではフリークライミングを楽しむ方も増えてきたそうです。

また、山頂は公園となっており晴れていれば山頂展望台から東京湾などが一望できます。

アクセス

公共交通機関

最寄り駅は京浜急行逗子線神武寺駅、こちらは神武寺を経由して鷹取山へと至るコースです。

または京急田浦駅からも行けます。

マイカー

車は山頂下のテニスコートまでは入れますが、駐車場はないのでその点は注意が必要です。

京急田浦駅からスタート

私は京急田浦駅からスタートしました。

京急田浦

はじめは住宅街の中を歩いていきます。

車道

登山開始

そして突如として現れる三浦アルプスの案内板。

ぼーっとしていると見落としがちなので注意です。

ここからハイキングコースとなります。

標識

三浦アルプスにはイノシシが生息しているようです。

イノシシは滅多なことで人前に姿を現したりはしませんが、一応熊鈴はつけたほうがいいでしょう。

三浦アルプス

このコースは三浦アルプスの一部を通りますが、三浦アルプスは迷いやすいことで有名なハイキングコース。

一応標識はありますが、細かい分岐が多いので地図は必須です。

三浦アルプス

三浦アルプスは街からすぐ近くなのに山深い雰囲気です。

ですが険しいところや急登などはありません。

三浦アルプス

三浦アルプスハイキングコースからすぐにまた舗装路になり、こちらの篠山公園から再びトレイルです。

公園とありますが、雛壇状に作られた公園でちょっとした里山のようになっております。

ここから鷹取山ハイキングコースへと接続できます。

公園トレイル

民家のすぐ横をすり抜けていきます。

こういうところって初めていく時は「本当にこの道であっているのか?」って不安に思えてきます。

民家

ここから鷹取山ハイキングコースへと入っていきます。

トレイル

ちなみにこちらは5月ごろに訪れた時の同じ場所の写真。

当然ながら同じ場所でも季節を変えればご覧の通り、雰囲気が激変するので何度きても楽しめます。

トレイル

5月ごろは緑が濃い

適度なアップダウンはありますが、ここも急登などはなし。

散歩感覚で手軽に登れる山だと思います。

実際、地元の方と思われる方が普段着に近い格好で散歩しておりました。

鷹取山

こんな気持ちのいい緑のトンネルもありますよ。

トンネル

鷹取山ハイキングコースは標識も充実しております。

三浦アルプスと違って細かい分岐などはなく、わかりやすいので迷うことなく山頂までむかえると思いますよ。

わかりにくいですが標識の下の方には英語表記もあり。

標識

平坦なところも多いのでトレラン向きでもあります。

鷹取山

山頂到着

そして山頂に到着。

山頂でまず目に飛び込んでくるのが鷹取山を象徴するこちらの岩壁です。

他の山ではあまり見られないような岩壁ですので一見の価値がありますよ。

鷹取山

私が訪れた時もクライミングをしている方がおりました。

鷹取山

全て人工的に切り取られたようですが、とてもそうとは思えない迫力があります。

鷹取山鷹取山

そして山頂にはあずまや

山頂

トイレがあります。

この付近は公園になっているので人も多かったですよ。

トイレ

山頂からは絶景も見れます!

山頂

また、山頂から少しくだったところに若干わかりにくいですが、ちょっとした彫刻があります。

景色

こちらも岩を切り出して掘られたもののようでなかなか見応えがあります。

彫刻

まとめ

私はこのあと、鎌倉方面まで向かいましたが帰りは神武寺方面へと下山するのもおすすめです。

神武寺方面はちょっとした鎖場もあり、変化にとんだコースとなっているようです。

今回のコースは標高差も132とほとんどなく、コースタイムも2時間、距離も5キロとお散歩感覚で楽しめるコースです。

ですが他では見れない光景が山頂にはありますので、距離の割には充実感があると思いますよ。

初心者の方にもおすすめできるコースといえるでしょう。

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

関連コンテンツ



鷹取山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。