窓からの景色と料理が最高!稲村ヶ崎レストラン メイン

稲村ヶ崎温泉に立ち寄った後に隣接するレストラン、メインへと行ってきたのでレビューしたいと思います。

レストラン メインについて

鎌倉市稲村ヶ崎にある1968年創業の老舗洋食レストランです。

お隣には稲村ヶ崎温泉があり、2017年6月20日に装いも新たにリニューアルしたようです。

かなりオシャレな店内で登山後にでかいザックを背負って入るにはかなり勇気がいりましたが、食べログの評価も高めで料理も美味しそうだったので行ってみることにしました。

アクセス

詳しい行き方はこちらの記事をご覧ください。

稲村ヶ崎温泉へ! 抜群のオーシャンビューが魅力!!

2017.09.08

営業時間など

営業時間:11:00~23:00(フードLO22:00)ランチ営業

定休日:なし

クレジットカード:可能(JCB、AMEX、Diners)

禁煙・喫煙:分煙(奥に喫煙ルームがある)

店内の様子

上記でも触れましたが、内装といい照明といいめちゃくちゃオシャレです。

店内

そしてこの店のウリなのが店内から見える海です。

すぐそこが海なので海を眺めながら食事を楽しむことができるのです。

潮風の匂いもとても心地よく、雰囲気も抜群にいいのでデートにも向いていると思います。

景色

料理について

洋食店なので洋食がメインですが、一部丼物もあり。

また、海沿いにあるのでシーフードが多めでした。

値段は全体的に高め。

何を選ぼうかかなり迷いましたが、おもいきって奮発し高めのものをチョイスしました。

前菜とドリンクはカプレーゼ(1080円)とカシステイー(650円)を選択。

料理

トマト、チーズ(北海道産のモッツァレラチーズ)

バジル、バジルソース、

下に敷き詰められているのはキャベツと人参です。

ミルキーかつ濃厚なチーズと酸味のきいたトマト、それに爽やかなバジルソース、とどれも相性が抜群でとても美味しくいただけました。

ただ、値段の割に量は少なめかな。

料理

カシステイーはレモンを絞っていただきます。

珍しいフレーバーの紅茶ですが、程よい甘さで酸味もあり後味も爽やか。

こちらもとても美味しかったです。

見た目もとてもオシャレ。

カシステイー

そしてメインデイッシュがこちらのブイヤベース(1980円)

高いだけに具沢山でかなりボリュームがありました。

料理

種類はわかりませんでしたが、何かの白身魚。

肉厚で脂が乗っておりとても美味

骨も処理されており、食べやすさも二重丸

魚

こちらはムール貝。

スープがたっぷり中にしみており、美味しさ倍増でした。

ムール貝

肉厚でプリプリなエビがいくつも入っていました。

エビ

イカはとても柔らかく、歯ごたえもありました。

イカ

そしてカニ、フォークで中をほじくりながら食べました。

カニ

スープはトマトベースで、玉ねぎ、パセリ、セロリ、ローズマリーなどの野菜も刻まれて入っていました。

香味野菜の効果で臭みはほとんどなく、それぞれの魚介の旨味が凝縮したスープが一番美味しかったです。

値段は高かったですが充分満足できました。

まとめ

稲村ヶ崎温泉へ立ち寄ったあとはレストランメインに立ち寄ることをおすすめします。

値段は全体的に高めなのでコストパフォーマンス的にはあまり良くありませんが、その分料理はハイクラス。

「メニュー構成がファミレスのようだ」というレビューもありましたが、少なくとも味自体はファミレスのレベルをはるかに超えているように感じました。

そして何より海を眺めながらの食事が楽しめるという点は大きいです。

絶好のロケーションを考えれば、この値段設定もそれほど高くはないと言えるかもしれません。

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。
山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。
気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。