格安アイゼン OUTAD 18本爪 アイゼンをレビュー

冬山に向けた新装備品としてアイゼンを購入し、早速試してきたのでレビューします。

もともとアイゼンは持っておりました。

アイゼン

以前使用していたアイゼン

このアイゼンはご覧の通り、紐で縛って固定するタイプのもの。

なので着脱(特に着けるのが)とても面倒でした。

しかも固定するのも難しく、よくグラついていたので歩くたびにストレスが溜まりました(私の固定法が下手なだけかもしれませんが)

そこでもっと着脱が楽でがっちり固定できそうなアイゼンを探していたのですが、格安でアマゾンのレビューもそれほど悪くなかったこちらを購入しました。

OUTAD 18本爪 アイゼン 簡単装着 収納袋付き フリーサイズ 雪山 登山 トレッキング (濃い青)

新品でも2000円をきる低価格。

となると耐久性などの品質が心配でしたが、まあ2000円程度ならばダメで買い換えてもそれほどダメージは大きくない、と思い購入に至りました。

スペック

  • 商品:OUTAD 18本爪 アイゼン
  • サイズ:
  • 収納サイズ:22 × 18 × 2cm
  • 重量:428g
  • 素材:ゴム(爪部分:熱処理鋼材;チェーン部分:ステンレス)
  • カラー:ブラック

外観

色は黒。

装着部の素材はゴムとなります。

アイゼン

それぞれfrontとbackと表記してあるのでどちらが後ろか前かすぐにわかります。

アイゼン アイゼン

裏面

爪部分の素材はステンレスです。

ステンレスは錆びにくい合金なので、錆びの心配もあまりしなくてよさそうです。

ただし、濡れた状態で放置してしまうともらい錆になる可能性があるので、帰宅したら柔らかいタオルなどでしっかりと水分をとった方がいいですね。

アイゼン

黒の専用ポーチも付属しております。

専用ポーチ

装着した図

実際に雪道で装着してみました。

ゴム部分はよく伸びますが、かなり固めなのではじめは少し伸ばすのに苦戦しました。

特に手が寒さでかじかんでいると行い辛いですね・・・

アイゼン

が、慣れてしまえば問題なし。

今は30秒足らずで装着できます。以前のアイゼンでは装着する際に特に苦労していたので感動しました。

もちろん、取り外しも楽々です。

で、肝心のアイゼンの性能はどうかというとこちらも全く問題なしです。

ガチガチのアイスバーンも歩きましたが、全く滑らず安心して歩けました。

アイゼン

固定もしっかりしており、以前使っていたアイゼンのようにぶれることもありませんでした。

アイゼン

まとめ

使ってみた感想は安かろう悪かろうではなかったところです。

値段の安さを感じさせない品質だと感じました。

もちろん、数回使った感想なのでこれから使っていくうちにどこか不具合が出たりするかもしれません。

ですが作りとしての甘さや、安っぽさはどこにもありませんでした。

安物だと大抵どこかしら安っぽい部分や作りの甘い部分があったりするものなので念入りに確認しましたが意外にもとてもしっかりした作りです。

やはりアイゼンはある意味命を預ける道具でもあるので、そこはぬかりなく作ってあるのかもしれません。

ただ、アマゾンのレビューを見ると個体差があるようです。

すぐにチェーンが外れた、金具がすぐに取れた、などといった報告もちらほらとみられました。

幸いにも私が購入したものはそういった不具合はありませんでしたが、中には粗悪品もあるのも確かなようです。

しかし値段的にももし、ダメだったとしてもそれほど懐に響かないのは嬉しいところです。

買い換えの理由である脱ぎ履きのしやすさ、ブレなさに関しては文句なしなので買ってよかった一品となりました。

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。