登山時のタイツは効果があるのか?CW-X HXO509をレビュー

いわゆるスポーツタイツを登山時に使っている方も多いとおもいます。

私も長年愛用しており、もはや欠かせないアイテムの一つとなっておりますので、今回は私が愛用しているタイツを紹介していきたいと思います。

タイツには筋肉疲労を軽減してくれるコンプレッションタイツと、登山時に特に負担がかかりやすい腰や膝を保護し、怪我を防止してくれるサポートタイツの二種類があります。

一口にタイツといっても種類によって効果が違うので自分に合ったタイツをチョイスすることが大切です。

例えば疲れやすく、筋肉痛がなかなか取れないのであればコンプレッションタイツ。

登山時に足や腰が痛みやすいというのであればサポートタイツを選ぶと良いでしょう。

私が普段愛用しているのはサポートタイツの方です。

買った当時はタイツの種類などわからず、適当に選んで買いましたが結果的にはこれを買って間違いではありませんでした。

買った目的としては当時、下山時に膝が痛むことがあったのでそれを緩和してくれないかな、と。

そして私が使っているのはCW-XのHXO509というモデルです。

まずはスペックと外観を紹介しましょう。

スペック

機能性:吸汗速乾・UVカット・ストレッチ

吸汗速乾素材「クールマックス®ファブリック」採用



HXO509外観

カラーは黒です。

一番ポピュラーな色だと思いますが、カラーバリエーションも結構豊富です。

HXO509

アップ写真

HXO509 HXO509

ロゴ

HXO509 HXO509 HXO509 HXO509 HXO509

実際に使用してわかった効果

まず、買った目的であった下山時の膝の痛みですがこれは見事に解消されました。

使用中に膝が痛むことは全くと言っていいほど無くなりました。

また、ぴったりと密着するので夏場はさすがに蒸れるかな、と思っていたのですが以外にも蒸れません。

通気性があり、「クールマックス®ファブリック」という吸汗速乾素材を使用しているためか夏場でもサラっとした着用感です。

ですので夏場でも十分使用できます。

また、素材は薄っぺらいのですが結構丈夫です。

もう使用して数年にもなりますが穴が開いたり、へたったりすることもなくまだまだ全然使用できます。

素材の劣化により、機能性が落ちるということもなく、快適に使用できております。

また、クッション性やスプリング性に優れており足運びがよりスムーズになるのを履いていて実感できます。

そして「スレ」を防止してくれるというのも地味に嬉しい点です。

私は肌が少し弱いのでズボンの素材によっては歩行時に股が擦れて、痛くなったりするのです。

これが結構辛くって下山した後、確認してみると真っ赤になっていることもしばしばありました。

しかしタイツを履くようになってからはそういったスレが起きることもなく、より快適に歩くことができております。

ですが良くない点もいくつかあります。

まず、第一に脱ぎ履きがしづらいということ。

特に脱ぐ時は汗でべたついていることもあり、脱ぎ辛く結構ストレスがたまります。

また、いくら速乾性とはいっても汗をかくとヒヤっとすることがあるのも嫌な点です。

ですが良くない点はそれぐらいでしょうか。

欠点を補って余りある効果があるタイツには間違いないと思います。

特に膝や腰の痛みがあるという場合は効果を発揮してくれると思いますし、膝の痛みや腰痛の予防という点でも有効です。
結構万能に使えると思いますので買って損することはないと思います。

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。
山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。
気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。