初心者にもオススメ。お手軽に絶景を楽しめる那須岳

5月下旬に那須岳に行って参りました。

普段は低山メインなのでこういった高山には久しぶりに登りました。

昔、ボーイスカウトをやっていた時に茶臼岳には一度登ったことがありますが何十年ぶりでしたね。

 

那須岳とは?

須岳岳(なすだけ)は、栃木県那須郡那須町にある茶臼岳の別称。那須塩原市、那須郡那須町、福島県西白河郡西郷村にまたがる成層火山群の総称でもある。

:wikipedia

一般には茶臼岳、朝日岳、三本槍岳の三つの山の総称が那須岳のようです。

最高峰の三本槍岳の標高が1,917mとなります。

 

JR黒磯駅へ

電車で行くならJR黒磯駅で下車しましょう。

都内からのアクセスだったので新幹線で行けばかなり時間を短縮できますが、交通費もかなりかかることとなりますので鈍行で行きました。

ちなみに自宅からここまで約2時間半かかりました。

那須ロープウェイ行き(黒磯駅経由)に乗車

駅から登山口まではバスを使うことになります。

ちなみに時刻表はこちらとなります。

ここから終点のロープウェイ山麓駅まで向かいます。

時間にして一時間ちょいですが途中森の中、温泉街など景色の綺麗なところを多く通過するので飽きずに過ごせました。

 

ロープウェイ山麓駅

ようやく登山口であるロープウェイ山麓駅へと到着。

ここまで来るのに3時間ちょいもかかり、この時点でも少し疲れてしまいました。

登山開始

ロープウエイでも登れますが、それではつまらないので登山口から歩いて登ることにします。

登山口は駅からすぐです。

 

はじめは階段を登っていきます。

 

しばらくすると登山届け入れがある場所に到着します。

ここで登山届けを提出していきましょう。

 

 

序盤はこのように樹林帯を歩きますが・・・

 

 

鳥居から30分くらいでガレ場が出現し、緑が一気に少なくなります。

ちなみに那須岳は火山なため、森林限界が低く1400mぐらいだそうです。

那須岳は人気の山だと聞いていただけあって、平日だというのにここら辺りから人が一気に増えてきます。

いつもはほとんどすれ違わないことも少なくないため、少し新鮮でした。

見通しのきかない樹林帯歩きがメインのため、こういった壮大な景色もまた新鮮でした。

 

峰の茶屋跡避難小屋到着

緊急時をのぞき、宿泊することはできないようですが中はとても綺麗に保たれておりました。

 

 

 

朝日岳へ

 

ここから茶臼岳方面と朝日岳方面へと向かうことができましたが、自分は朝日岳を目指しました。

 

曇っていなければさぞや素晴らしい展望が広がっていたでしょう。

霧の中へ

ここらへんからガスりはじめ、視界が一気に悪くなります。

道も細く、足を踏み外したら滑落しようなところもあったので慎重に進んでいきます。

 

雲の中か?

と思うほど真っ白です。

朝日岳へ

避難小屋から朝日岳までは距離的には大したことがなく、40分ほどで到着しました。

しかし展望は…

 

 

真っ白

 

もう本当、驚くぐらい何にも見えなかったです。

本当はここから三本槍岳まで向かう予定でしたがさらにガスってきたし、雨もポツポツ降ってきたので引き返すことに。

隠居倉へ

しかし引き返す途中、隠居倉方面は晴れていることに気づき、そちらへ向かうことに。

 

 

 

隠居倉に到着。

ここで雨も止んだので昼食をとりました。

隠居倉からは下りが続き、また樹林帯へと突入します。

途中で煙が吹き上がっているところを通ります。

那須岳全体、硫黄臭が漂っておりましたがここ一帯は特に濃厚な硫黄臭が立ち込めておりました。

煙草屋旅館へ

そしてここから更に下ると突然、山の中に立派な建物が現れます。

煙草屋旅館という旅館のようです。

ですが調べてみると旅館というよりかは山小屋に近いようですね。

そしてここには素晴らしい温泉があるようです。

立ち寄り湯は現在はやっていないようですがいつかここに泊まり、温泉に入ってみたいですね。

他の方のブログを見たところ、立派な露天風呂がありそこからの眺めが最高らしいです。

煙草屋旅館を過ぎるとなだらかで歩き易い森の中に入ります。

ただ歩き易いだけでなく、非常に明るく綺麗な森でした。

こういう森の中が一番好きですね。

いつまでもいたくなります。

 

 

 

上の避難小屋を過ぎてしばらく歩くとまた森林限界となり、ガレ場に突入します。

 

また先ほどの避難小屋まで戻ってきました。

今度はここから茶臼岳へと向かいます。

この時点では晴れてきてはいたのですが・・・

 

 

 

茶臼岳到着

 

茶臼岳山頂につくころにはまた曇り、ガスってきてしまいました。

しかもこの後大粒の雨が降ってもきました・・・

 

下山開始

雨が降ってきたので帰りはロープウエイを使いました。

茶臼岳山頂からロープウエイ駅までは徒歩で30分ほどです。

ちなみに料金は以下の通りです。

 

往復 片道
1,800円 950円
(中学生以上) (中学生以上)
  900円 480円
  (3歳~小学生) (3歳~小学生)

ロープウエイはさすがに早く五分も経たずに下山できてしまいました。

最後に

那須岳は標高こそは高いですがロープウエイさえ使えば、一気に標高を稼ぐことができ、初心者の方でも無理せず登頂することが可能です。

茶臼岳では物足りない方は朝日岳や三本槍岳まで足を延ばすこともできますし、私のように隠居倉を経由してぐるっと一周することもできますし、自分の体力・時間に合わせた登山を楽しむことができます。

何より低山では味わえない視界の開けた素晴らしい景色が堪能できます。

天気が悪かったので存分にその景色は堪能できませんでしたが^^;

今度は是非天気のいい日に登りたいですね。

そして煙草屋旅館に泊まる!

  • 活動時間活動時間5時間11分
  • 活動距離活動距離10.92km
  • 高低差高低差528m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,201m / 907m

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。
山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。
気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。