雨の八王子城跡〜高尾山。蜘蛛の巣と汗と雨に塗れた山旅(高尾山編)

http://wotcool.com/%e5%85%ab%e7%8e%8b%e5%ad%90%e5%91%a8%e8%be%ba%e3%81%ae%e5%b1%b1/hatiouji/

 

の続きです。

高尾山いろはの森へ

蜘蛛の巣地獄を抜けて高尾山のいろはの森へと続く林道を進んだわけですが、この林道が結構長かったです。

ですがここでようやく他の登山者の方と出会いました。

正直、少し心細かったのでホッとしましたね。

40分ほどで車道にでます。

ここから5分ほどでいろはの森入り口へと到着。

この時点で数人の登山者とすれ違いました。

やはり高尾山は雨でも人気ですね。

 

こういう看板は為になることが書いてあるので一つ一つしっかりと読んでしまいます。

 

なるほど、勉強になります。

いろはの森へ

さあ出発です。

 

いきなり目についたのがミニ五重塔

誰が作ったかはわかりませんが、かなり完成度が高かったです。

この森の特徴は木にちなんだ和歌の立て札が立ててあるということ。

中には意味がよくわからないものもありましたが、こういうのは面白い試みだと思います。

 

ちなみに登山道はさすがによく整備されており、とても歩きやすかったです。

ですが傾斜が結構きつめでした。

 

途中で何かの卵らしき泡を発見。

何の卵でしょうか?

 

高尾山一号路へ

ここから今までの静寂さが嘘だったかのように一気に人が増えます。

悪天候でもこれだけ人がいるとは驚きです。

高尾山山頂へ

 

もう何回ここにきたかわかりませんが、高尾山山頂へと到着。

この時点でちょうど12時でした。

ここでお昼休憩をとります。

 

 

山頂からの眺めはご覧の通り。

やはり高尾山側も曇っていてよく見えません。

山頂もぼちぼち人がおりました。

平日なのに大学生風のグループも多かったです。

学校はどうした!?

一号路で下山

高尾山はルートが豊富にあるのでいつも登る時も下る時もどのルートを使おうか迷います。

今回は久しぶりに一号路を使うことにしました。

いつもはお気に入りの六号路で下山することが多いので。

ちなみに一号路もご覧の通り、霧に包まれておりいつもとは違う一号路が楽しめました。

薬王院へ

 

 

薬王院もいつもとは違った雰囲気です。

それにしても人が多いです。

雨なのによく山行く気になりますねみんな、人のことは言えませんが。

 

 

 

おなじみの引っ張り蛸とたこ杉です。

ここら辺はいつも通り。

下山終了

 

12:30に下山。

お疲れ様でした。

まとめ

 

今回は雨だし、軽く歩いて引き上げようと思いきや

 

 

  • 活動時間6時間4分
  • 活動距離17.27km
  • 高低差429m
  • 累積標高上り/下り1,317m / 1,32

という結果になってしまいました。

なんだかんだで20キロ近く歩いてしまったのです。

雨の中の山行だったので辛く、不快なことも多かったですがそれ以上に雨ならではの山の美しさを堪能できました。

また、いつもとは違う高尾山の魅力にも気づくことができたのも良かったです。

このコースはバスを使わず徒歩のみでいけてしまうのが大きな魅力です。

そして八王子城からいろはの森までは本当に人が少ない!

特に派手なところはありませんが、静かな山旅を堪能したい方、高尾山に行きたいけど高尾山だけでは物足りない方にはとてもお勧めできるコースです!

 

 

 

The following two tabs change content below.
みくぞう

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。
山には主にトレーニングで登っています。意識高いとよく言われております。
気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。