三峰山から三峰神社へ

今回は三峰山の紹介です。

三峰山とは?

 

三峰山(みつみねさん)は、本来は奥秩父山塊にある妙法が岳(1332m)、白岩山(1921m)、雲取山(2017m)の三山の総称。

一般的には、三峯神社が在るその頂を三峰山と認識することも多い。これはかつて三峰ロープウェイの三峯神社側の駅が三峰山頂駅と称していたことからもうかがえる。

引用:wikipedia

ここに登った理由は三峰神社に参拝するためです。

 

三峯神社(みつみねじんじゃ)は、埼玉県秩父市三峰にある神社。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。

秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。拝殿の手前には珍しい三ツ鳥居がある。狼を守護神とし[1]、狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座している。

引用:wikipedia

私は山だけでなく神社も結構好きなのです。

そして山と神社は切っても切れない関係にあり、日本の多くの山には神社が祀ってあります。

小さなものから大きなものまでありますが、三峰神社は非常に大きな神社でパワースポットとしても有名です。

家からは遠く、かなり交通費はかかってしまうのですが一度は行ってみたい!と数年前の夏に行ってまいりました。

アクセスは西武秩父駅から三峰山行きのバスに乗れば、三峰神社まですぐに行けてしまいます。

が、途中の三峰山ロープウェイ口で降りれば徒歩で三峰神社まで向かうことができます。

バスで三峰神社まで行ったらつまらないので、当然ここで降りることに。

が、降りたのは私一人だけでした^^:

 

 

 

ここからスタートです。

赤い橋をわたり、石畳の道を少し歩くと登山道へと突入します。

 

ちなみに登山道付近でやたら熊出没注意の看板が多かったのを覚えております。

また、近くには三峰ロープウエイがありますが何年か前に廃線となったようです。

この時は熊鈴を持っていなかったため、びびりまくりで帰ろうかとも思いましたが

そのまま突撃しました。

当時は真夏でしたので登り始めてすぐに汗が噴き出します。

ですが途中で嬉しいサプライズが

 

 

 

 

そう、滝です。

小さな滝ですがこの近辺は天然のクーラーが効いており、とても涼しかったことを覚えております。

ちなみに滝行で使われているようで修行者と思われる方がおりました。

 

そこから二時間ほど登り山頂へ。

 

 

 

 

山頂からの眺めは抜群でした。

 

ちなみにこの時は三峰神社にある宿坊に泊まりました。

そう、三峰神社には宿坊があるのです。

しかもホテルのような立派な宿坊で天然温泉もそこにあります。

朝は窓の外から霧に包まれた幻想的な三峰山が見下ろせて最高でした。

 

 

The following two tabs change content below.
みくぞう
山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みくぞう

山の魅力にとりつかれたソロハイカー。 山には主にトレーニングで登っています。 最近はトレランがメインになりつつありますが、ハイキングもあいかわらず好きです。 気づけば山や温泉のことばかり考えているようになったので、細かく役立つ情報を発信していきます。